上田屋のこだわりの商品の股引・腹掛け(股腹)は、昔から鳶職人やお祭り用品としても愛用されている商品で、先代の上田屋の店主からの贈り物です。 先代は生前に東京の練馬で50年以上鳶職人や祭り用品を中心に仕立物をしていました。股引・腹掛け(股腹)はその仕立物の中で、一番大切に作っていて、お客様にも満足をいただいていた商品です。 先代の上田屋の後を継ぎ、ようやく現在では誂え物の股引・腹掛け(股腹)を作れるようになってまいりました。 上田屋のお客様の体型や体の癖などわからないことがたくさんあります。それも、お客様と相対することで解決して身体にぴったりで、履き心地、着心地のよい誂え股引・腹掛け(股腹)を作るように努めており、 これからも古き良き物として伝統を繋いでいきたいと考えています。 縫製の方法は、 先代は、はさみ一つで裁断して型もなく、お客様の身体にあった股腹を作っていました。これを見習って縫子さんにははさみ裁断をお願いしています。 そして上田屋の商品は、ピーンと気の張った見栄えがよく、綺麗な商品であることを心掛けています。 その中から、生まれたのが、上田屋特製オリジナル股引・腹掛け(股腹)です。上田屋特製オリジナルストレッチの股引は、一度はいたら他の股引を履くのが嫌になってしまうほどの…とお客様の声をいただいており、本格仕立ての股引・腹掛け(股腹)を皆様のお手元にお届けしたいと思いネットショップをオープン致しました。 これからも随時他の商品をアップしていく予定です。宜しくお願致します。